2012年09月18日

マルちゃん正麺

なんだ、これは?
ウソだと思ったら食べてください。

TVのマルちゃん正麺のコマーシャルです。
以前から気になっていたのですが
試しに買うのに5食入りは多すぎです。
でも近所のスーパーで特売日に安売り
しているのを見つけてついに買いました。

b809.jpg

で食べてみると

なるほど!

麺が今までのインスタントラーメンとまるで違い
もちもちして、まるで生麺の感触です。
業界では「マルちゃんショック」と呼んでいるそうですが
確かにそれだけのインパクトがあります。
コマーシャルは嘘ではありませんでした。

b810.jpg

焼ベーコン、モヤシ、キャベツ、ネギ、海苔
をトッピングするとお店のラーメンみたいです。
というか下手なラーメン屋より美味しいかもしれません。

posted by ふりーすとん at 23:14| Comment(10) | TrackBack(0) |

2012年09月17日

中紀にて

中紀方面に車中泊で釣りに行ってきました。
初日はエギングでアオリイカを狙って漁港や地磯を移動します。
時々アオリイカが2.5号エギを追ってくるのですが
小さいせいかなかなかエギを抱かず、リリースサイズの
小イカが1杯釣れただけで終わりました。

夕方に中紀の防波堤でタチウオを狙いに切り替え
暗くなる寸前に2本釣りました。
b805.jpg

車中泊の一人プチ宴会は地元スーパーで買った串本産アオリイカのお造りです。
b806.jpg

翌朝もタチウオを狙いましたが、2回の当たりを取れず
短い地合いが終わってしまいました。
明るくなってからカマス狙いです。

今回も丸竹カマスロッドを使いました。
b807.jpg

結構調子よく釣れていたのですが、日が昇ると急にセレクティブ
になり、フライを追っても食いつかずスレがかりしたり
頻繁にフライをローテーションしないと飽きられて
しまう状態になってしまいました。
8時ごろまで粘ってなんとか21尾のカマスを釣ることが出来ました。

今回の釣果
b808.jpg
posted by ふりーすとん at 16:31| Comment(8) | TrackBack(0) | フライフィッシング

2012年09月12日

シイラのヌクマム煮

b804.jpg

夏に釣ったシイラの切り身が冷凍庫の奥に残っている
のを見つけ、魚のヌクマム煮に挑戦しました。
以前食べたベトナム料理で、一度やってみたかった調理です。
インターネットでレシピを探しました。
砂糖と油を小鍋に入れカラメルになるまで火を通し
ヌクマム(魚醤)と塩・コショウで味付けしたシイラの
切り身を入れて煮ます。
仕上げにネギをトッピングして、
皿に盛ったご飯に熱々の汁と一緒にかけながら食べました。
簡単調理ですがけっこういけます。
posted by ふりーすとん at 00:09| Comment(4) | TrackBack(0) |

2012年09月06日

タチウオ

2週間前に釣れなかったタチウオに再挑戦しました。
前回は釣り場に着いたとき明るくなりかけて
貴重な地合いを半分逃してしまったので、
少し早く波止場に着き真っ暗なうちに準備をします。

エサ釣り師で混みあう波止場で電気浮きの合間を狙う
窮屈なキャストを覚悟していたのですが
予想に反して10人ほどのルアーマンがいるだけで
波止場はガラガラです。

エサ釣り師は対岸の防波堤に集中しており
どうもタチウオの付き場所が変わったようです。
場所の選択を間違ったのかもしれませんが、
地合い直前で移動する時間がないのでそのまま釣ります。

暗いのでティペットの30cm先に小型のケミホタルを付けて
#6のミノーフライをキャストします。
東の空が白み始めたころ両隣でタチウオが上がり始めました。
でも釣れません。
タナを変え、リトリーブを変え、フライを替えと
短い時間に色々試します。
ヘッドライトなしで周りが見えるようになったころ
ラインを長めにゆっくり手繰って少しポーズを入れるリトリーブに変えたら
クンと明確な当たりがあり、さらに数回リトリーブしたところで
タチウオ特有のしめ込む当たりがありやっと釣れました。
今シーズン初タチウオです。

b799.jpg

次のキャストにも当たりがありましたがフッキングできず
短い地合いは終わりました。

明るくなってからはカマス狙いです。
今回はカマス用に作った8フィート6インチ#6の丸竹ロッドを使いました。
といっても、20m投げれば釣れるのロッドはあまり関係ないです。
数投げに1回のペースでぼちぼち釣れ、カマスは前回より
少し大きくなっていました。

b800.jpg

しばらく釣っていると左隣のエサ釣り師が大物をかけました。
竿が大きく曲がり、走り回られ苦労してます。
やっと上がってきたのは60cmはあるカンパチでした。

こんなのがいるんだ!

そういえば少し前にカマスの当たりがピタッと止んだのは
カンパチが来たせいかもしれません。
すぐに大きめのフライに替えカンパチを狙ったのは言うまでもありません。
でもそんなに甘いものでないのも言うまでもありません。
かすりもしませんでした。

その後場所を変えカマスを数尾追加してから、
中紀の地磯を移動してイカを狙います。
イカは居る事は居るのですが、まだ小さいせいかでエギを見つけ
て追ってきても、なかなか抱きません。
一度だけエギを抱いたのですが、墨を吐いただけでフッキングできませんでした。

今回の釣果
b801.jpg

タチウオは指3本の幅があったので炙り焼の握り寿司にしてみました。
3枚におろした切り身を寿司ねたの上に乗せバーナーで炙ります。
焼けた皮の香ばしさと熱で融けた皮と身の間の油が口の中でとろける
食感が感動ものでした。
こんなに美味しいのならもっと早くやればよかった。

b802.jpg

大きめのカマスはフライにして残ったピンカマス
でカルパッチョを作りました。
今回はピンカマスを3枚に下ろした短冊を
切らずにそのまま盛っています。
以前は大きいカマスの身をそぎ切りにして作っていましたが
ピンカマスでも十分美味しいです。

b803.jpg
posted by ふりーすとん at 23:15| Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング