2013年08月19日

南紀のカマス

インターネットの釣り情報で

南紀の漁港でカマスが沸いている

との書き込みを見つけ、居ても立っても居られず出かけました。
でも現地の状況は既に過去形なのか
釣り人が数人しか居ず、カマスもあまり上がっていません。

b920.jpg

何箇所か竿を出しますが反応がないため
粘ってもだめと次の漁港に移動しました。

b921.jpg

こちらの漁港もカマスが沸いているはずなのですが、
釣り人は皆無。嫌な予感がします。
せっかく来たのだからダメモトでと漁港の出口付近を探っていたら
やっと1尾釣れました。

b922.jpg

その後漁港内に場所を変えると立て続けにヒット
カマスは残っていました。

b923.jpg
ダブルでくるとこのサイズでも結構な引きです

場所とタナが判り調子よく釣っていると
ウェットスーツのおじさんが現れ
目の前で潜り始めました。

ここにカマスの群れがおる

そんなことは判っています。

底に張り付いてるわ

それも知ってます。

カマスが散ってしまうのが心配でしたが
おじさんが移動するとまた釣れ始めました。
大型肉食魚には敏感に反応して散ってしまう
カマスですが、船やダイバーには無頓着のようです。
8時頃から釣り始め、ヤマトカマス21尾
アカカマス1尾を釣上げましたが
暑さに耐え切れず10時過ぎに終了しました。

b924.jpg

今年の暑さは異常です。
posted by ふりーすとん at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | フライフィッシング