2008年02月17日

六角に挑戦3

b182.jpg

先週失敗して折れてしまったテイップを作り直しました。
6枚の竹片を折れないように慎重に接着して硬化を待ちます。

また失敗!
バインディングを外し接着剤を削っていたら、
表皮を表ではなく内側に取り付けた竹片が一本
あることに気がつきました。接着する前にちゃんと
順に並べていたのですが、束ねるときにずれて
しまったようです。ちゃんと確認するべきでしたが
もう手遅れです。表皮を全部内側にセットして外側
を削った丸バンブーロッドでも十分使えますから
とりあえず作業を続行することにします。

前回ティップから20〜25cm付近が細すぎて不自然な
曲がり方をしたのでその部分を太めに修整したのですが
やりすぎたようで今度は逆に曲がりにくくなりました。
ガイドを仮止めして振ってみると普通にキャストできるので
実用には十分ですが、次はもっと良い物を作りたいです。
勘で竹を組み合わせる丸竹ロッドと違い六角バンブーロッドは
テーパーデータが残るので次に活かせます。

b183.gif


後は継ぎ手やリールシートの取り付けですが
今回は竿作りの感覚を確かめる練習用ロッドですので
安いパーツで仕上げるつもりです。
posted by ふりーすとん at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
きれいな断面です。手作りを楽しんでください。
Posted by ならおう at 2008年02月18日 22:10
バンブーロッドって科学的に作成されるんですね。それに大変な根気がいりますね。
ブランクはこれでほぼOKなんですか?
化粧パーツやグリップが付いて完成品に近づくとどんどん気分が盛り上がってきそうですね(^^)
Posted by まちゃ at 2008年02月18日 23:12
ならおうさんどうも
プレーニングフォームと仕上げ用プレーンのおかげでやっときれいな六角ができるようになりました。

でも2回目に作ったティップをノギズで測ったら目標値より0.2mmもずれていました。折れてしまった一回目は0.1mm以内に納まったのでがっかりです。プレーンのあて方やほんのちょっとのことで狂ってしまうようです。もう一度プレーニングフォームの面調整が必要かもしれません。
Posted by ふりーすとん at 2008年02月18日 23:17
まちゃさん、どうも
2ピースで12枚の三角片を削る必要がありますので、結構根気の要る作業です。でも丸竹と違って数値管理できるので楽です。ただ精度を出すのはやはり大変なことのようです。

ブランクは手を抜いてエポキシの拭き塗り一回にしました。後はグリップ、リールシート、ガイドを取り付ける作業が残っていますが、ここまでくればもう完成したようなものです。ささっと仕上げて、今回の失敗を生かして次作に取り組むつもりです。
Posted by ふりーすとん at 2008年02月18日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11026268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック