2008年03月30日

テーパーデザイン

プレーニングフォームを自作し、デプスゲージも買ったので
やっとオリジナルテーパーのバンブーロッドを
作れる環境が整ったのですが、いざ作るとなると
どのように数値を決めたら良いか見当がつきません。

インターネット検索して、
バンブーロッドのテーパーライブラリ
を見つけたので、なにかヒントが
得られるのではないかと、いくつかのロッドのデータを
表計算ソフトに打ち込みグラフにして比較してみました。
グラフで比べてみるといろいろなことが判ります。

Garrison
b191.gif

Pezon et Michel
b193.gif

Orvis
b195.gif


フライロッドのテーパーはテイップ部分とバット部分の値を
一部分を補正すればほぼ直線で近似できるようです。
また、同じメーカーのラインウェイトの異なる複数のロッド
をグラフにプロットすると、高番手はティップが太く
低番手は細いですが近似直線の傾きはラインウェイトに
関係なく同じ傾向にあります。

ロッドアクションは直線近似の傾きで、
ラインウェイトはティップの太さで決まるように思えます。
この推定を元に異なるテーパーのロッドを試作してみました。
テーパーの係数は長さ1メートル当たりの直径の変化(mm)
としました。

1本目:6フィート、ティップ径1.5mm、係数2.62mm/m
2本目:7フィート、ティップ径1.4mm、係数2.84mm/m

出来上がったロッドのライン負荷は共に3番前後
6フィートはややスローなミディアムアクション、
7フィートはかなりのファーストアクションになりました。
テーパー係数は2.6〜2.8mm/mの間が良いようです。

b194.gif

その後インターネットでRod DNAというバンブーロッド
作成支援ソフトのプレゼンテーション資料を見つけたら
同じことが載っていました。

要約すると、ロッドアクションはロッド長の
10%(P1)と60%(P2)の位置を結んだ直線の傾きで決まる。
傾きが緩やかだとスローアクションに、
きついとファーストアクションになる。
このサイトでは100インチ当たりの直径の変化を
Rod Action Value(RAV)という係数で定義しています。
一般にRAVはショートロッドは大きめ(ファーストアクション)
ロングロッド小さめ(スローアクション)に設定するようです。

ラインウェイトはティップの太さで決まる。
この値をLine Weight Value(LWV)と定義しています。

9番 0.094インチ(2.4mm)
8番 0.088インチ(2.2mm)
6番 0.078インチ(2.0mm)
5番 0.072インチ(1.8mm)

ちなみにこのサイトで紹介しているRAV=0.268(inch/100inch)
という値をメートル法の1m当たりの直径の変化(mm)に直すと
2.68mm/mとなり自分で試作して求めた値とほぼ同じでした。

今まで丸竹ロッドを作るときは手で曲げたり、
仮継ぎして振ったりしてかなりの部分を勘で作ってきましたが、
六角バンブーロッドはロッドアクションを数値管理できるの
が良いですね。データがあれば失敗しても次に活かせます。
でも問題は加工精度です。自分の未熟な腕では、
三角片で0.07mm(直径で0.14mm)位の誤差がでます。
ティップ部分ではアクションに影響する無視できない誤差
ですので、いかに精度良く竹を削るかが今後の課題です。
posted by ふりーすとん at 09:54| Comment(4) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
ティップの単位は9番で2.4oとかでしょうか?11番では3oほどありました。

できあがったら、尾張のミクロン単位を目で見て当てる人に振らせてみては?(笑)
Posted by フリック at 2008年03月31日 14:26
この値は標準的な値ですので、メーカーによって少しずつ違うようです。特にスペイロッドはティップが太めになるようです。
>尾張のミクロン単位を目で見て当てる人
Kさんですね。あの人凄い。今のロッドだと間違いなく酷評されます。(怖)
Posted by ふりーすとん at 2008年03月31日 21:43
ティップ径の単位が一桁間違っていました
ので先ほど本文を訂正しました
Posted by ふりーすとん at 2008年03月31日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13331899
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック