2006年10月28日

コオロギ

下の娘が草むらでエンマコオロギを捕まえてきました。
飼って欲しいというので、土と一緒に虫籠に入れました。

エサにカツオブシや白菜をやると、
捕まえてきた日から結構な食欲で食べて、
夜には鳴き始めました。
コロコロと秋を感じさせる風流な鳴き声です。
西洋人はこの音をうるさいと感じると聞いたことがありますが、
日本人に生まれて良かったです。

でも、コオロギは夜中もずっと元気に鳴きました。
深夜も大音量で鳴きました。

一晩過ごすして、我が家の風流なコウロギの鳴き声の基準に
10m以上離れて聞くこと」が追加されました。
あの単調な鳴き声を近くてずっと聞くと
はっきりいってうるさいです

元気なコウロギ君は、元の草むらに放たれ
今頃素敵なお嫁さんにプロポーズしているところでしょうか。
耳を澄ますと遠くで「リィィ リィィ」とかすかに
コウロギの鳴き声が聞こえます。
ひょっとしたらあのコウロギでしょうか?
秋の虫の声、やっぱり良いですね。


エンマコウギの鳴き声(子供とインターネット検索して見つけました)
コロコロ    :メスを呼んでいます。
リィィ リィィ :近くのオスと競っています。
posted by ふりーすとん at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1593101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック