2008年07月14日

吉野川のアマゴ

b217.jpg

先週末に吉野川の支流に行って来ました
2ヶ月ぶりの久々の渓流釣行です。
魚は結構渋かったですが
何とか数尾のアマゴを釣ることができました。

涼しい空気ときれいな水、宝石みたいな魚
下界のうだるような暑さとは別天地です。
この時期の渓流って気持ちいいです。

今回デジカメを忘れてしまい携帯のカメラを使いました
が結構撮れるものですね。

posted by ふりーすとん at 22:29| Comment(8) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
私は最近殆ど携帯のカメラです。動画も撮れるし、次にデジカメを買うなら防水でしょうか。防水携帯電話の方が良いかも(笑)。
Posted by ならおう at 2008年07月14日 22:49
携帯カメラの画質も良くなりましたね。大きく伸ばすとノイズや、明暗の表現力のなさが目立ちますが、ホームページに載せる位の画像なら携帯で十分です。
Posted by ふりーすとん at 2008年07月14日 23:40
美しい魚ですね!

携帯の画像、いや本当に良く撮れますね。デジカメ持ち歩くのがときおり疑問なほど。「絵」そのものはメカでなくて構図とかの善し悪しの方が大ですね。
Posted by Yujiro at 2008年07月15日 14:16
綺麗に撮れてますね。
夏の渓流は涼しくて気持ちいいですよね。今週末は気田川へ鮎の友釣りかな。
Posted by 無糖 at 2008年07月15日 21:05
Yujiroさんどうも
テストパターンを撮影し重箱の隅をつつくように四隅を拡大するカメラ好きもいますが、そんな性能よりアングルや構図等の表現力、感性のほうがもっと大事ですよね。でも解っていてもそれが一番難しいです。私は「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」でカバーしてます。
Posted by ふりーすとん at 2008年07月15日 22:04
無糖さんどうも
今回ウェーダーを履かず、速乾性のチノパンツとスパッツのスタイルで釣り上がったので、淵で腰まで浸かった時などは寒いくらい涼しくて快適でした。でも帰りの炎天下の林道は汗が噴出しました。やっぱり夏は水に浸かる釣りが良いです。友釣りも涼しそうです。たくさん釣れると良いですね。
Posted by ふりーすとん at 2008年07月15日 22:15
こんばんは!!
真夏ってやはりアマゴだとかヤマメってとても神経質になるのか釣りにくいですよね。(アタシの場合は腕ですけどね(汗)
それだけにすっごく価値を感じるというか、無条件に嬉しさでいっぱいになりますね。
涼しい山の自然のただ中で、一日過ごせるって贅沢ですよね。
Posted by まちゃ at 2008年07月15日 22:17
まちゃさん、どうも
真夏のアマゴって釣りにくいですが、生命感が溢れているというか、どの時期よりきれいに感じます。
その前の週は炎天下の琵琶湖で熱中症寸前までいきました。夏はやはり涼しい谷が良いです。久々の渓流釣りで心が洗われた気分です。
Posted by ふりーすとん at 2008年07月15日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16966024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック