2008年11月11日

タナゴロッド3

b254.jpg

先週管理釣り場で華々しいデビューをしたタナゴ用ロッド
ですが、手入れをしようとリールからラインを引き出たら

あれま!

リールフットがとれてしまいました。
中に巻尺の入ったアクセサリー用の玩具のリールだったので
あまり丈夫とは思ってなかったのですが、やはり釣りに使う
には無理があったようです。修理してもまた取れそうな...
自分で作るか、代わりを探すか。
来年タナゴを釣りに行くまでにどうするか考えないといけません。
posted by ふりーすとん at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
少し磨いてエポキシ接着でしょうか。
出来ればネジ止めしたいところですね。
Posted by ならおう at 2008年11月11日 22:53
エポキシが一番簡単ですが、長持ちはしないでしょうね。リールフットは2本のリベットで止まっているだけでした。叩いて抜いて、替わりに2.5〜3mmのネジを挿し込んで止めたいですが上手くいくかどうか?
いっそのこと最初から作ったほうか早いかもしれません。
Posted by ふりーすとん at 2008年11月11日 23:31
最初から作るとなると・・
やはりフライス盤とか要りますかね。
「ふ」さんならやっちゃいそうですね。
Posted by まちゃ at 2008年11月18日 00:49
フライス盤や旋盤を使わずにできないか考えているところです。
フレームはコの字に曲げたアルミ板。2枚の金属かプラスチックの円盤で木製円柱を挟んでラージアーバーのスプールにできないか? 等とホームセンターで材料を物色しています。
Posted by ふりーすとん at 2008年11月18日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22744886
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック