2008年12月06日

リールシート

b262.jpg

2週前から少しずつ作っていたリールシートが完成しました。
リール取付け部分を削って、ロッドフィニッシュ用のエポキシ
を下塗りしてしみ込ませた後、ウレタン塗料を数回重ね塗り。
#1000のサンドペーパーで表面の凹凸を取りピカールで磨いて
艶を出しました。

金具はφ20のアルミパイプをカットしピカールで磨いてます。
左手前の幅のあるリングはグリップの中に入るアップロック金具
真ん中がリール固定用、右端はシート端の保護用のリングです。
この方式はポケット&リングのように、使っている最中に金具
が外れてしまうトラブルが皆無ですし、リールフットがグリップ
の中に入る分、短くコンパクトになるので気に入っています。
posted by ふりーすとん at 16:49| Comment(10) | TrackBack(0) | ハンドクラフト
この記事へのコメント
ピカピカですね。
木目も綺麗だし。
今度真似してみよう。
Posted by 無糖 at 2008年12月06日 17:43
ホント綺麗に出来ましたね。
私の作品ではないですが、リールシートのキーホルダーを車のキーに付けています。
綺麗な木目だと釣具だけではなく、アクセサリーも作って奥様に。
点数稼ぎのひとつかと・・・。(笑)
Posted by きむら at 2008年12月06日 21:03
無糖さん、どうも
サンドペーパーで研いでピカールで磨くと楽器みたいにピカピカになります。簡単にできるので是非チャレンジしてください。
Posted by ふりーすとん at 2008年12月07日 07:44
きむらさん、どうも。
なるほど。虎目木のキーホルダー良いですね。端材が出たらやってみます。
Posted by ふりーすとん at 2008年12月07日 07:48
大変美しいですね!!
電動ドライバーに差し込んで回しながら削る何んて・・
なるほどなぁ。
旋盤がなければやりにくいなぁと
思ってましたがそんなやり方もあるんですね。
アルミパイプのカットは鋸ですか?
Posted by まちゃ at 2008年12月07日 22:48
旋盤があると楽に削れるので欲しいのですが、高いし置く場所もないので電動ドライバーを自作の台に固定して削っています。ノギズで直径を計りながら削っていけば結構できるものです。
アルミパイプは以前金鋸で切っていましたが最近はホームセンターで買ってきたパイプカッターを使っています。パイプに沿って廻すだけで楽に切れるので重宝しています。
Posted by ふりーすとん at 2008年12月07日 23:34
凄い!素晴らしいですね。
手間をかければ世界に一つだけの物が出来るのはわかってるんですが、手間省いて購入ばかりしてるこの頃です。
見慣わさせていただきます。
Posted by FF-Cabin at 2008年12月07日 23:40
綺麗ですね。売り物を越えているかも(笑)しれませんね。
Posted by ならおう at 2008年12月08日 00:15
FF-Cabinさんどうも。
確かに手間はかかりますね。作る時間を考えたら買ったほうが安いかも? ハンドメイドの拘りって半分意地みないなものかもしれません(笑)
Posted by ふりーすとん at 2008年12月08日 21:51
ならおうさん、どうも。
リングが安価なアルミなので売り物は難しいと思います。でもニッケルシルバーのリングを使って、加工精度をもう少し上げればヤフーオークションで売れるかもしれませんね。(今の所自分の使う分で精一杯ですけど)
Posted by ふりーすとん at 2008年12月08日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23925464
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック