2009年08月24日

和歌山のカマス

鹿児島からS村さんの友人が来られ、フライショップ
ペスカドールさんが企画してくれた交流会に参加しました。
参加者はペスカドールのマスターと鹿児島からこられたOさん
S村さん、伊507さんに私の5名です。
朝暗いうちから北紀の防波堤に入りました。

b372.jpg

b373.jpg


日が昇る頃から釣れ始めましたが、ポツポツ当たる程度で
なかなか釣れません。それでも午前中に何とか10尾のカマス
を釣ることが出来ました。

b374.jpg

カマスは防波堤ぎりぎりに着いているのか真下で当たることが
多かったです。こういうときはランニング部分も沈む
フルシンキングのWFラインが有利です。
今回WF7SタイプYを40秒ほど沈ませて釣りました。

午後からS村さんとOさんが昨日カマスを釣った中紀の防波堤
に移動しました。港内に青物が入ってきているのかあちこちで
ナブラが立ちます。一度近くまで来たのですが、フルライン
キャストの射程外でした。カマスの反応は渋く4時まで粘って
2尾しか釣れません。

堤防に先頭では近くでナブラが立ちますが、おばちゃんと
おじちゃんが二人で4本の竿を出しているので近寄れません。
時々35cm位のカツオを釣っていました。
夕方6時半頃帰ったので、堤防の先端に入ったら、6回ほど
立て続けに当たりがあり2本のカマスを取れました。
カマスは堤防の先端に着いていたようです。
しかし時既に遅く、日没で暗くなると釣れなくなりました。


今回ドロッパーシステムで異なるフライ2本を同時につけて
カマスのフライへの反応を比較しましたが、一番良かったの
がこのフライです。(笑ってしまいますね)

b375.jpg

オリーブのスーパーヘアーとフラッシャブーのウィングをつけた
だけの超簡単フライです。
前日慌てて巻いて時間がなかったのでボディを省略してます。
それが結果的に細身で透明感のある小魚のイミテーション
になったのかもしれません。
posted by ふりーすとん at 23:44| Comment(8) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
すごいフライですね。
変な質問で恐縮すが、
フライはドロッパーのように複数個付けてたんでしょうか?
それとも1個だけですか?
Posted by Regal Close at 2009年08月25日 05:59
お疲れさまでした。

真下にカマスがついているような場所では、シューティングヘッドよりフルラインの方が、棚を最後までトレースできるからいいんでしょうねぇ〜

カツオまだおったんですねぇ〜
しかし、先に場所取られてたのは残念ですね。

で、フライですが、超簡単フライで釣れるといいですね!
次回パクらせていただきます(笑)
カマス釣りは、フライの消耗も激しいですもんね。
Posted by 伊507 at 2009年08月25日 15:07
Regal Close さんどうも
フライはタンデムの2本です。今回のリーダーシステムは、
5号ナイロンラインを約1.5m
2.5号ナイロンティペットを1m
その先に4号フロロカーボンのショックティペットを1m付けています。
ショックティペットの結びはブラッドノットにして結び目の2.5号のみカットして4号ラインを切らずに20cm程残してドロッパーにしています。
ドロッパーシステムは絡まり易いですが当たりフライを早く探したいとき有効な方法です。
Posted by ふりーすとん at 2009年08月25日 20:58
伊507さん、どうも

ボディはティンゼルをスレッドで巻いただけだと、カマスの鋭い歯ですぐに切られて解けてしまうので、接着剤で固めたりと結構面倒です。今回時間がなかったので省略したフライを数本作ったら当たりました。こんなものが?と自分でも信じられないですが、人間と魚の感覚は少し違うようですね。

先日は付き合っていただきありがとうございます。カマス渋かったですが楽しめました。次はイカフライに挑戦したいです。
Posted by ふりーすとん at 2009年08月25日 21:00
海のフライ、面白そうですね。
何度かやったことありますが、多くの
餌釣師やルアーマンに気後れし、
見てるだけで終わってしまうことが多いです。1ヶ月ぐらい前、ストリーマーのフライボックスを置き忘れてしまいました。
イカには鮎の掛針が使えそうだなあと
漠然と考えています。
Posted by てっこ at 2009年08月25日 22:28
てっこさん、どうも
海のフライフィッシング面白いです。
これからはメッキやカマスなどが釣れる海フライのベストシーズンです。ペスカさんに行けばいろいろ教えてくれると思いますので是非始めてください。

先ほど風呂に入って試作イカフライを泳がせていましたが、カンナが重くバランスをどう取るか悩んでいたところです。鮎用の掛け針なら軽いので、いけるかもしれません。良いヒントありがとうございます。
Posted by ふりーすとん at 2009年08月25日 23:36
ガマカツの波止カマスは管付で銀ピカなのでティンセル無しでいけそうです。
管付きの有無は別にしてアジ・イサキもヒラウチが効くかもしれませんね。
Posted by ならおう at 2009年08月26日 20:30
ならおうさん、どうも
ボディだけでなくフックの先端まで銀ピカならカマスはどんな反応をするでしょう? 短い赤針を使ったら赤いエラのイミテーションにならないか?などといろいろ考えますが、効果の検証は実戦が一番です。次回も枝針にいろいろなフライをつけて試してみたいです。
Posted by ふりーすとん at 2009年08月26日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31586673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック