2009年12月06日

アオリイカ丼

b426.jpg

コロッケサイズのアオリイカを美味しく食べたいと、身を細切り
にしてご飯の上にのせた丼を作ってみました。
身の厚い大型のアオリイカで作ると短冊がうどんのように
太くなり噛み切るのに苦労しますので、身が薄いコロッケ
サイズのアオリイカのほうが向いています。

作り方は簡単。
ご飯の上に細切りにしたアオリイカの短冊とすりおろした
ショウガをトッピングして好みの量の醤油をかけるだけです。
今回作ったアオリイカ丼はコロッケサイズのアオリイカ
を贅沢?に2ハイ使いました。
細切りアオリイカの短冊の適度な歯ごたえと
甘さがご飯に絡んで美味しいです。

この丼を食べたらアオリイカの冷凍ストックが4ハイ
になってしまいました
年内になんとかもう一度釣行して補充したいです。
posted by ふりーすとん at 08:03| Comment(10) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
新鮮なイカはそれこそ歯ごたえが適度でやわらかくて旨いですよね。
これは美味しそうです。たまりません!
Posted by Regal Close at 2009年12月06日 17:44
Regal Closeさん、どうも
そうなんです! ばかうまでした。
今までお造りか炒めるしか食べ方を知らなかった
のですが、新しい食べ方をみつけました。
Posted by ふりーすとん at 2009年12月06日 19:38
イカさしってしょうが醤油が良く会うんですよね。私もわさびよりしょうがの方が好きです。アツアツごはんにしょうがのピリッとイカの甘さ・・・。
ん〜たまりませんねぇ〜。
Posted by 翡翠もどき at 2009年12月07日 23:32
翡翠もどきさん、どうも
そうなんです。わさび醤油とか、味醂醤油とか
色々やってみましたが、しょうが醤油が一番合いました。
ん〜たまりません!
Posted by ふりーすとん at 2009年12月07日 23:57
旨そうです。
海鮮どんぶりの三口目辺りからの温くなった具が気の抜けたビールの様な違和感を感じてましたが、飯を少ない目にしてかつ熱々ご飯にしないことが美味のコツの様ですね。
Posted by ならおう at 2009年12月08日 08:10
生卵の黄身に、一晩醤油をしみこませたものを、イカの上におとしてまぜまぜして食うのもウマイですよん。
Posted by カマス屋 at 2009年12月08日 22:41
ならおうさん、どうも
意図してませんでしたが、炊飯ジャーの保温ご飯を少なめに盛ってました。炊きたてでイカが変色するほどの熱いご飯より程よく冷めたご飯に、醤油を程よく絡ませるためには少なめのご飯のほうが良さそうです。
Posted by ふりーすとん at 2009年12月09日 02:12
カマス屋さん、どうも
イカの上に生卵の醤油漬けですか!
いままで考えたことがなかったですが
凄く美味しそうです。
これはやってみないといけません。
貴重な情報ありがとうございます。
Posted by ふりーすとん at 2009年12月09日 02:16
いや〜美味そう!!
これなら、家族も釣りに行くのOKで許してもらえますよね〜。
Posted by FF-Cabin at 2009年12月18日 15:55
FF-Cabinさん、どうも
そうなんです!
アオリイカとタチウオが釣れるときは
文句を言いません。
でもいつも釣れるわけではないので、結構プレッシャー高いです(笑)
Posted by ふりーすとん at 2009年12月18日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34039330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック