2011年08月28日

中紀のシイラ

b580.jpg

金曜に休みを取ることができたので由良の沖一文堤
に行ってきました。
今年はシイラの当たり年のため、広い堤防にずらっと
人が並ぶほど混むそうですが平日なので余裕で入る
ことができました。
暗いうちはルアー、明るくなってからフライを投げます。
先週はシイラが入れ喰い状態だったそうですが
周りもボツボツ釣れる位であまり良くないです。

夜明けから30分程してグイッとひったくるような
当たりでシイラがかかりましたが、
直後のジャンプして外れてしまいました。

しばらくしてまたヒット。
ラインバスケットの中のラインが一気に引き出され
リールがうなりますがジャンプ一発でまた外れました。

さらに、目の前を回遊しているシイラを見つけ
フライを叩きつけ、ロッドティップをあおって
誘ったら食いつきましたが、合わせてもすっぽ抜け。

その後2時間ほどしてフライをクラフトファーミノー
に変えた直後にヒット。
ジャンプに備えロッドを横に倒して慎重にファイト
して最初のジャンプはクリアしたのですが
すぐにラインが軽くなり、
またバラしてしまいました。

なんか7月のオフショアと同じパターンで
ボの予感がしてきました。

横の釣り人がサビキで釣ったアジにフックを付けて
投げ込んだらすぐに大きなシイラが食いつきました。
ひょっとしてシイラはアジを狙っているのでは?
と偏平なエンリコミノーに替えたら食ってきました。

ジャンプ1回、2回、3回。今度は外れません。
慎重にやり取りして足元まで寄せてきても
一気に20mほど突っ走ります。
ペンペンでもまさに万力のパワーです。
そんなやり取りを何度か繰り返し
やっと今年初シイラを釣ることができました。

b581.jpg

フライは丸ごと口の中に入って上あごの内側
にしっかりかかっていました。
他のフライは口の端に軽く引っかかっていた
だけなのでしょう。
シイラは想像以上にセレクティブなようで、
ベイトのサイズと形に合わせたマッチ・ザ・ミノー
が重要なようです。
次回に備えイワシとアジのフライを巻きましょう。


b582.jpg

堤防の外側は8mほどの高さで普通のタモ網は届かない
ので内側で釣りました。
内側は後ろに3mの壁があるのでバックキャストを
クリアするため14フィートのダブルハンドロッドを
使いました。
posted by ふりーすとん at 13:32| Comment(16) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
ショア(といっていいのかどうか)でシイラですか。凄いですね。
外側の堤防で釣っている人はどうやって大物を取り込んでいるのでしょうか。
投げ込みギャフ等を用いているんでしょうか。
Posted by ならおう at 2011年08月28日 20:44
ならおうさん、どうも
チャーター船は魚を求めて動き回りますので
微妙ですがおかっぱリに近いです。
外側の堤防で釣っている人は、特注の
8mタモとかギャフを使っているようです。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月28日 21:03
お疲れ様でした!
オォ〜念願のシイラ!
やりましたね〜。
フライの選択もけっこうシビアなんですね。イワナと同じくシイラも夏の魚といった感じです。
炎天下の釣り、熱中症にはご注意を。
Posted by 翡翠もどき at 2011年08月29日 06:50
リベンジ完了ですね、おめでとうございます。
ダブルハンドですがバックキャストで後ろの堤防を越してキャストするんですか????

Posted by てっこ at 2011年08月29日 22:45
翡翠もどきさん、どうも
やっと釣れました。
シイラといえば炎天下です。
2リットルのペットボトル
飲み干しました。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月29日 23:47
てっこさん、どうも
バイトがあるのに取れないのは
魚がいないときより悔しいです。
でもやっと満足できました。

>バックキャストで後ろの堤防を越して
そうです。14フィートの長さがあると
クリアできました。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月29日 23:51
すげ〜〜〜シイラも釣られるんですか〜〜〜本当にすげ〜〜〜
Posted by ガラスの釣人 at 2011年08月30日 22:47
ここでも、シイラが釣れるんですか?
船で沖に行かないと釣れないとばかり思ってました。
凄いパワーなんでしょうね。
対応出来るロッドが無いです(笑)
Posted by キャビン at 2011年08月31日 05:28
ふりーすとんさま

やりましたねー。
羨ましいです。凄いスピードとパワーなんで
しょうね。

私もまた和歌山に行きたいっ。

Posted by お地蔵 at 2011年08月31日 07:36
ガラスの釣人さん、どうも
今回もダメかと思いましたがやっとこさ
釣れました。
魚がデカイだけに満足感も大きいです。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月31日 20:37
キャビンさん、どうも
今回は沖の堤防まで渡船で行きましたので
半分オフショアみたいなものです。
今年はシイラの当たり年のようで北紀から南紀
にかけての地磯や防波堤で釣れているようです。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月31日 20:41
お地蔵さん、どうも
やっと釣れました。
80cm位のペンペンでしたが、よく引きました。
あのダッシュ力とジャンプは凄いです。
もう一度行けないか考えています。
Posted by ふりーすとん at 2011年08月31日 20:47
リベンジ、おめでとうございます。
その波止、私の知ってるルアーマンも今年はアタリで随分楽しんでるようです。
こちらも波止からどうにかシイラいわしたいです。
Posted by 伊507 at 2011年09月01日 00:36
伊507さん、どうも
やっと釣れました。
帰りに例の波止場に寄ってみたのですが
飲ませ釣りのおじさんがシイラを一尾
かけてました。
次の大潮まで残ってたら行ってみたいです。
Posted by ふりーすとん at 2011年09月01日 22:04
ご無沙汰してます!
フライでのシイラ釣りは大変やり取りが難しそうですね。
今回はお料理編は無いんですか?(^^)
私、シイラをお刺身で食べたらなぜかお腹壊してしまいました(TT)
Posted by まちゃ at 2011年09月08日 21:42
まちゃさん、引越しお疲れさまです。
バックキャストで人を釣ったときの用心のため
バーブレスにしているせいもあると思いますが、
ジャンプでフライが外れることが多いです。
シイラ持ってかえって食べました。
釣ったその日はカルパッチョにして、
残りに火を通して冷凍しています。
明日にでもソテーで食べるつもりですので
そのとき画像載せますね。
Posted by ふりーすとん at 2011年09月09日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47595836
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック