2012年01月24日

南紀のカマス

南紀の河口で先週カマスが釣れたようなので土曜日に行ってきました。
まだ暗い6時過ぎに釣り場に着いたら誰も居ません。
カマスの釣れる場所はたいていエサ釣り師が居るものです。
これはだめかもしれないと用意をしていると3人のルアーマン
がやって来たので、近づいて様子を聞くと以前ほど釣れなくなったが
まだ釣れているとのこと。
ほどなくルアーに当たり始めたので早速移動して横でキャストすると
アカカマスが釣れました。ほとんど表層です。

b654.jpg

カマスは水面でなにか捕食しているようでポツポツと水面に
ライズリングが広がっています。
でも立て続けに5尾程釣ったところで当たりが止みました。
群れが移動したのかもしれないと入り江の内をあちこち移動して
1時間ほど探りますがダメです。
諦めかけたころ、入り江の中央付近でライズを見つけたので
そちらに移動したら、キャストの度に当たりがある状態になりました。
カウントダウンせず着水と同時にリトリーブで釣れるので効率が良いです。

釣れるのは平均30cmで時々35cmが混じります。
ダブルでヒットすると6番ロッドが相当曲がります。
b655.jpg


タチウオが1本釣れました。
8時前の完全に明るい時間帯だったの意外です。
b656.jpg

しばらくするとまた当たりがなくなったので歩き回って
今度は入り江の奥でライズを見つけてまた釣れ始め
合計で30尾以上のカマスを釣る事が出来ました。

小さいのをリリースしてカマス27尾とタチウオ1尾を持ち帰りです
b658.jpg

夕方は2週間前に釣った場所でタチウオを狙います。
b659.jpg

以前ほど人がいませんが夕方ルアーマンが4名程来ました。
5時半を過ぎたころルアーに当たり始め
指3本半はあるタチウオが上がり始めましたが
フライには反応がありません。
しばらくして最初の当たりでティペットを切られ
次にやっとフッキングできたら途中でばらし
その後3回ほど当たっても取りきれず、
6時前にやっと1本釣れたのですが、地合いが終わり
当たりが全くなくなったので諦めて帰りました。
地合いの短いタチウオはフライの選択やちょっとしたトラブルで
釣果が大きく変わります。
これからの課題ですね。
posted by ふりーすとん at 00:21| Comment(14) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
カマス27尾とタチウオ1尾を持ち帰りとは、爆ですね。さすが、凄い凄い!

海も楽しそうですね。興味津々・・・

Posted by ガラスの釣人 at 2012年01月24日 00:38
ふりーすとんさま

凄い釣果ですねー流石です。

やっぱり状況判断と手返しなど
まだまだ私は修行いたします(^_^)


お地蔵
Posted by お地蔵 at 2012年01月24日 08:00
お見事です。夕方の太刀魚が惜しいですね。
Posted by ならおう at 2012年01月24日 20:11
釣り収めから良い釣りされてますね。
羨ましいです。
復活したBVKも大活躍ですね。

BVKのブランクは日本では売られてないようでプロフェッショナルのブランクを注文してきました。

ロッドが泣かないよう修行しないと!
Posted by てっこ at 2012年01月24日 23:16
相変わらず(爆)で!
タチはフッキングがむずかしいのかな?
Posted by 翡翠もどき at 2012年01月24日 23:53
ガラスの釣り人さん、どうも
海のフライは当たると面白いですが
外れてボも多く
「昨日まで爆釣だったのに!」が良くある話です。
釣れてよかったです。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月24日 23:55
お地蔵さん、どうも
今回カマスが浮いていてライズを追えたのが
良かったです。
底にいたら広い入り江の中をシンキングライン
で探るのはしんどかったと思います。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月24日 23:59
ならおうさん、どうも
前回はフライ爆釣でしたが、今回はワインドに負けました。
短い地合いの中での戦略を考え直さないといけません。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月25日 00:01
てっこさん、どうも
BVKは一番のおきにいりロッドになりました。
プロフェッショナルも良いロッドです。
ブランクからだと低番手ソルト仕様など
自分の好みのロッドに仕上げることができて
楽しいですね。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月25日 00:05
翡翠もどきさん、どうも
前回8本立て続けに釣れたフライが今回はダメでした。
当たるけど乗らない→フライが合ってない
だと思うのですが、どんなフライが当たるのか
これからも試行錯誤が続きそうです。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月25日 00:09
カマスは安定したフライのターゲットなのですね!まるで漁師のようです(爆)
南紀は暖かそうですね。
Posted by まちゃ at 2012年01月26日 22:21
まちゃさん、どうも
先週は風もなく暖かく絶好のフライ日和でしたが
今週は寒いですね〜
今シーズン、カマスがなかなか釣れない日々が
続きましたがやっと来ました。
このまま入り江に居ついてくれればいいのですが...
Posted by ふりーすとん at 2012年01月26日 23:13
いやー、素晴らしい釣果ですね。
自分は、昨年の晩秋から本格的に始めたので、まだカマスが浮いている状態には遭遇したことがありません。
自分がよく行く場所では、ボトムにべったりなので、タイプ4でカウントダウン4〜6分の釣りなので、非常にしんどいです。(^_^;)
Posted by 日曜釣師 at 2012年01月28日 21:57
日曜釣師さん、どうも
こちらでもほとんど底べったりで、
表層で釣れるのは珍しいです。
手返しを良くするためにはタイプ6
のシンキングラインを使ってます。
でも沈めすぎると根がかりが多く
1日に2本のラインを失って
目が点になることがあります。
Posted by ふりーすとん at 2012年01月28日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53276249
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック