2012年02月29日

南紀のカマス

2月25日(土)

前回カマスを釣った入り江でカマスと一緒にメアジ
が釣れているそうなので出かけたました。
早朝出発がしんどかったので前日の夜に移動して
車中泊したのですが、朝起きると水がカフェオレ色
に濁っていました。

b694.jpg

S村さんと友人が来られたので話しを聞くと
どうも3日前に相当雨が降ったようです。
河口の汽水域なので川のにごりの影響をもろに受けます。
ここまで濁るとダメかもしれませんが
海水は真水より比重が大きいので、濁った川の水
の下に澄んだ海水の層があることを期待して
フライを底近くまで沈めます。
しばらく探っていたら狙い通りカマスが釣れました。

b695.jpg

S村さん達も快調に釣られています。
しかしアジはほとんど釣れません。

b696.jpg
マアジがなんとか2尾釣れました

今回は爆釣という感じではなく、数尾立て続けに釣れると
しばらく当たりがなくなる状態の繰り返しでした。
それでも10時までに20尾以上のカマスが釣れたので
満足して引き上げました。

posted by ふりーすとん at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
狙い通りに釣れたら楽しいですよね。比重を読むアタリ流石です。
Posted by ならおう at 2012年03月01日 00:10
ならおうさん、どうも
以前テレビで河口の潜水映像を見たのがヒントになりました。
真水と海水の分かれ目がカゲロウのようにゆらゆらした面
になっているのが印象的でした。
ダメモトの作戦でしたが、当たってよかったです。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月01日 22:57
お疲れ様です。
私も海釣に良く行っていた時、河口付近だと、真水が流れ込んでいわゆる「水潮」と言う状態になり食いが落ちる時がありました。
比重差を読んで、釣果に結びつけてはるのはサスガです!!
カマスも以外に汽水でもいけるんですね。
Posted by 翡翠もどき at 2012年03月02日 00:14
翡翠もどきさん、どうも
カマスは、スズキやメッキほどではないですが
汽水域に強いようです。
もっとも数日前たくさん釣れた、メアジは弱って
浮いてしまったそうです。
アオリイカも水潮に弱いですし、
魚種によりかなり違うみたいですね。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月03日 00:00
カマスはシーズンが長いのですか〜?
20匹は凄いですね。
昔、船でカマス釣りに行きましたが、船酔いでダウンした記憶が甦って来ました(笑)
Posted by C@bin at 2012年03月07日 10:49
Cabinさん、どうも
初めて釣れた場所ですし、雨も多くなりもう終わだろう?
と思いながらしぶとく釣れてます。
今週末に渓流の帰りに様子を見ようと思いますがほんと
そろそろ終わりかもしれません。
おかっぱりのカマス釣りは船酔いがなくて楽ですよ。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月07日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54221344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック