2012年03月29日

金星・月・木星

b708.jpg

3月26日
帰宅中に西の空に、金星、月、木星が並んでました。
これって結構珍しいのでは? と
家に帰りカメラと三脚を出して写真を撮りましたが
結構てこずりました。

まず被写体が暗すぎてピントが合いません。
フォーカスをマニュアルモードにして手でピントを合わせます。
ついでにノイズを減らすため感度をISO200(最低感度)に固定し
色んな条件で撮りたいので露出をマニュアルモードにして
絞りとシャッタースピードを変えながら撮りました。
そのためにいくつものメニューをボタンで
選ばなくてはならず凄く面倒でした。
苦労したわりにはいまいちの画像です。
天体の撮影は昔の銀塩カメラの方が簡単ですね。

次のイベントは5月21日の金環食です。
posted by ふりーすとん at 22:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いや〜面白い写真ですね!
カメラはあまり詳しくないのでよくわかりませんが、星空撮るのってけっこう難しそうですね。
1眼レフのすごいのとかいるんですか?
Posted by 翡翠もどき at 2012年03月29日 22:30
翡翠もどきさん、どうも
僕の使ったのはオリンパスのミラーレス一眼
ELP2に17mmレンズの組み合わせですが
普通のデジカメで夜景モードで撮っても
同じような画像になると思います。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月29日 23:43
あ〜〜これだったんですね。
ラジオで聞いていたのですが、見るの忘れてました。これで見れて良かった。綺麗に撮れてますね。素晴らしい!
Posted by ガラスの釣人 at 2012年03月30日 00:09
ガラスの釣人さん、どうも
帰宅中に偶然見つけてなんか得した
気分になりました。



Posted by ふりーすとん at 2012年03月30日 00:49
最新のデジカメは性能が良いですね。
私の古いデジイチではうまく撮れず、コンデジの方がまだましな写真でした。(笑)
次回は2015年に月、金星、木星、火星と4つの星が並ぶようです。
Posted by C@bin at 2012年03月30日 07:26
背景を含めた広いダイナミックレンジが難しいですよね。急遽の撮影でここまで表現されるのはお見事かと。
私は手振れとの戦いでした。結局デジタル処理で誤魔化しました。コンデジのメニューには夜景もありますが、三脚必須で断念しました。
Posted by ならおう at 2012年03月30日 07:48
C@binさん、どうも
マニュアルの露出、フォーカスは
今までやったことがなかったのですが
あちこちいじくりまわして、何とかとれました。
今回35mm相当広角レンズでは引きが足りませんでした
2015年までにズームレンズ手に入れたいです。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月30日 21:44
ならおうさん、どうも
確かに露出が難しいです。
最初オートで撮ったら三日月が太った半月になりました。
マニュアルに変えて
絞りF2.8〜5.6
シャッタースピード1/4〜2秒
と露出を変えながら30枚近く撮って
まともなのは数枚でした。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月30日 21:50
どもです。
さすがに綺麗に撮れてますね〜。
私はスマホで撮ってみたのですが、なかなか・・・。
そろそろ、デジイチが欲しい今日この頃です(^^)
Posted by バイクの田中です! at 2012年03月31日 09:57
バイクの田中さん、どうも
明るい日中なら、コンデジ、スマホで
十分綺麗な画像が撮れますが、天体のように
暗い被写体だと集光力の大きい大型CCD
のカメラが有利です。
本格的な写真をとるにはやはりデジイチでしょうね。
ただ釣りに持っていくにはかさばるので
「ふ」はミラーレス一眼にしました。
Posted by ふりーすとん at 2012年03月31日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54705686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック