2012年05月15日

十津川釣行

いつも今頃に行く十津川支流は去年の台風の被害で
ダメだろうと諦めていたのですが、ヨッシーさんのお誘いで
どんなになっているか様子を見に行くことにしました。
6時半に道の駅「大塔」で待ち合わせ目指す支流に向かったのですが、
あともう少しのところで道が崩れて通行止めです。

ショックです

カーナビの距離を見ると目的地まであと4km。
諦めきれないので、車を降りて歩くことにしました。
春からほとんど人が入ってないはずなので、谷が無事なら釣れるはずだと
期待しながら1時間歩いて入渓しました。
でも魚の反応がありません。谷は荒れていないのにどうしてだろう?
前日からの寒波のせいで魚は川底に張り付いて
水面に関心がないのかもしれません。
1kmほど釣り上がってなんとかアマゴ2尾釣れました。


b715.jpg
綺麗なアマゴでした

とにかく寒いです。凍えながら昼食のおにぎりを食べ仕切りなおします。

b718.jpg
魚肉ソーセージの上に川辺で見つけた山椒の葉をトッピング
結構いけます。

b719.jpg
尖った葉先に深い切れ込みの葉。これは山菜のニリンソウではなく
猛毒のトリカブトですね。

昼から少し気温が上がったのカゲロウのハッチが始まり
所々でライズずるようになると、だんだん釣れるようになり
残り1km区間でアマゴ4尾イワナ7尾を釣ることができました。
どの魚も型がよく満足です。

b716.jpg
アマゴ

b717.jpg
イワナ

b720.jpg
新緑が綺麗です。

林道に上がったのが5時半。なんと9時間近く釣りしていました。
その後6kmの道を歩いて車まで戻るころにはと暗くなっていました。
往復で12kmも歩き足が棒のようです。
疲れましたが久々に良い釣りができました。
posted by ふりーすとん at 00:22| Comment(13) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
お疲れ様です。
台風の影響が有ったにも関わらず、良いアマゴ・イワナが釣れて、流石ですね。でも、良い型の魚達ですね。
これから、渓がもっと復活してくれるといいですね。
Posted by ガラスの釣人 at 2012年05月15日 00:54
ギョニソに山椒都はなかなかですね。私はポールウィンナーの方が好みです。
さて、イワナもいるんですね。どちらもいい魚です。このまま残って欲しいところです。
Posted by ならおう at 2012年05月15日 19:04
ならおうさん、どうも
谷の入り口付近は土砂崩れがあったみたいですが
奥のほうはほとんど影響なかったです。
良い型の魚が多かったのは、エサ釣り師に
抜かれていないためだと思います。
復旧は今年の夏までだそうなので
それまでのパラダイスですね。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月15日 20:45
ガラスの釣り人さんどうも
冷奴用にいくつか採ったのを、
試しに乗っけてみたらいけました。
ウィンナーも多分合うと思います。
十津川の谷はアマゴ域ですが、だれかが
放流したニッコウイワナが少しずつ勢力
を伸ばしているようです。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月15日 20:49
十津川の下流の熊野川水系がホームグラウンドになります。
あの洪水でよく生き延びたなと敬意のようなものを感じます。
こちらも人が入ってない谷があるようですが6キロも歩けないなあ(笑)
Posted by てっこ at 2012年05月15日 22:51
てっこさん、どうも
台風で荒れていると思ったのですが、
ほとんど前のままなので意外でした。
周辺に広葉樹が多いせいかもしれません。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月16日 00:22
あの大洪水の中アマゴは生き延びているんですね、すごいですね。
GW中、紀伊半島をドライブしましたが、土砂災害の復旧作業の箇所が多いのに驚いてしまいました。
早くいつもの平穏な谷に戻って欲しいですね。
Posted by C@bin at 2012年05月16日 08:58
お久しぶりです。
釣ってますねえ。
今週末は開田高原へ釣行予定です。

6月初の石徹白も予定してます。
またお会いしましょう。
Posted by 無糖 at 2012年05月16日 19:04
魚を残そうとすると、釣らないのが一番。でも釣りたいですね
この矛盾永遠のテーマです

しかし、いい魚達ばかりですね
つりたい・・・
Posted by ふくちゃん at 2012年05月16日 19:57
無糖さん、どうも
今年は台風のダメージで天川C&R区間
に行けなかったので2度目の渓流ですが
久々に釣れて良い思いしました。
石徹白お待ちしています。
出展用丸竹ロッド作り、ラストスパートかけてます。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月16日 21:36
ふくちゃんさん、どうも
いつもはチビアマゴばかりだったのですが
久々に型の良いアマゴを釣りました。
今年は釣り人が少ないので残ってくれたようです。
たしかに釣らないのが一番ですね。
口にピアス穴開けてごめんねって
リリースしてます。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月16日 21:42
お疲れ様です!
どれもいい魚ですね!
十津川はアマゴ域との事ですが、イワナは元は生息してなかったのですか?
キリクチはまたちがう川なのでしょうか?
Posted by 翡翠もどき at 2012年05月16日 22:56
翡翠もどきさんどうも
久々に良い思いをして、歩いた甲斐が
ありました。
同じ十津川水系でも、天川の支流には
細々と天然のキリクチ(ヤマトイワナ系)
が生息していますが、こちらの谷は誰かが放流した
ニッコウイワナが増えたものです。
Posted by ふりーすとん at 2012年05月17日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55857421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック