2012年09月06日

タチウオ

2週間前に釣れなかったタチウオに再挑戦しました。
前回は釣り場に着いたとき明るくなりかけて
貴重な地合いを半分逃してしまったので、
少し早く波止場に着き真っ暗なうちに準備をします。

エサ釣り師で混みあう波止場で電気浮きの合間を狙う
窮屈なキャストを覚悟していたのですが
予想に反して10人ほどのルアーマンがいるだけで
波止場はガラガラです。

エサ釣り師は対岸の防波堤に集中しており
どうもタチウオの付き場所が変わったようです。
場所の選択を間違ったのかもしれませんが、
地合い直前で移動する時間がないのでそのまま釣ります。

暗いのでティペットの30cm先に小型のケミホタルを付けて
#6のミノーフライをキャストします。
東の空が白み始めたころ両隣でタチウオが上がり始めました。
でも釣れません。
タナを変え、リトリーブを変え、フライを替えと
短い時間に色々試します。
ヘッドライトなしで周りが見えるようになったころ
ラインを長めにゆっくり手繰って少しポーズを入れるリトリーブに変えたら
クンと明確な当たりがあり、さらに数回リトリーブしたところで
タチウオ特有のしめ込む当たりがありやっと釣れました。
今シーズン初タチウオです。

b799.jpg

次のキャストにも当たりがありましたがフッキングできず
短い地合いは終わりました。

明るくなってからはカマス狙いです。
今回はカマス用に作った8フィート6インチ#6の丸竹ロッドを使いました。
といっても、20m投げれば釣れるのロッドはあまり関係ないです。
数投げに1回のペースでぼちぼち釣れ、カマスは前回より
少し大きくなっていました。

b800.jpg

しばらく釣っていると左隣のエサ釣り師が大物をかけました。
竿が大きく曲がり、走り回られ苦労してます。
やっと上がってきたのは60cmはあるカンパチでした。

こんなのがいるんだ!

そういえば少し前にカマスの当たりがピタッと止んだのは
カンパチが来たせいかもしれません。
すぐに大きめのフライに替えカンパチを狙ったのは言うまでもありません。
でもそんなに甘いものでないのも言うまでもありません。
かすりもしませんでした。

その後場所を変えカマスを数尾追加してから、
中紀の地磯を移動してイカを狙います。
イカは居る事は居るのですが、まだ小さいせいかでエギを見つけ
て追ってきても、なかなか抱きません。
一度だけエギを抱いたのですが、墨を吐いただけでフッキングできませんでした。

今回の釣果
b801.jpg

タチウオは指3本の幅があったので炙り焼の握り寿司にしてみました。
3枚におろした切り身を寿司ねたの上に乗せバーナーで炙ります。
焼けた皮の香ばしさと熱で融けた皮と身の間の油が口の中でとろける
食感が感動ものでした。
こんなに美味しいのならもっと早くやればよかった。

b802.jpg

大きめのカマスはフライにして残ったピンカマス
でカルパッチョを作りました。
今回はピンカマスを3枚に下ろした短冊を
切らずにそのまま盛っています。
以前は大きいカマスの身をそぎ切りにして作っていましたが
ピンカマスでも十分美味しいです。

b803.jpg
posted by ふりーすとん at 23:15| Comment(6) | TrackBack(0) | フライフィッシング
この記事へのコメント
丸竹ロッドの横たわるカンパチの画像見たかったですね〜
こちらも稀に青物に遭遇しますがかすりません。
諦めずに通えるかがカギという気がします。
Posted by てっこ at 2012年09月07日 22:19
てっこさん、どうも
丸竹ロッドでカンパチと戦ったら
多分折れてます。
ある意味来なくて良かったような..
でもいつかは釣りたいですね。
Posted by ふりーすとん at 2012年09月07日 23:55
旨そうですね。
Posted by ならおう at 2012年09月08日 19:54
ならおうさん、どうも
そうなんです
タチウオの炙り焼寿司は以前から
やってみたかったのですが、
想像以上の美味しさでした。
Posted by ふりーすとん at 2012年09月09日 20:31
カンパチ(ネイゴ)も、と思うカマス釣りのときはしっかり結んでそれ用のリトリーブをしますが、たいていは「かかったら困る」ですので、アイの上あたりで切れるようにしてあります。
竿の心配以前にラインが伸びてちゅるんちゅるんになるとナミダが出ます。
Posted by カマス屋 at 2012年09月10日 21:06
カマス屋さん、どうも
かけたエサ釣り師は強力なロッドとリールを
使ってましたが、それでもかなり走られてました。
釣りたいのはやまやまですが、あれがフライの仕掛け
にかかったら大変なことになるでしょうね。
Posted by ふりーすとん at 2012年09月10日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58057437
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック