2007年10月28日

イカ三昧

週末に釣った5杯のイカで休日はイカ三昧が続きました。

b139.jpg

小イカのパスタ・ペスカトーレ風に続き、晩酌はお造りです。
甘くてモチモチして、今まで食べたイカとは別格ですね。

お造りの盛り付けが苦手なのでこんな画像ですみません
b136.jpg


お造りの後は前日に乾した一夜干しです。太陽の光をたっぷり浴びて旨みが増します。特にゲソは感動しました。

キャンプの食器乾燥用に買った干し網をやっと本来の目的に使えました。
b137.jpg


生でも食べられる鮮度なのでサッとあぶって食べました。
b138.jpg
posted by ふりーすとん at 21:53| Comment(7) | TrackBack(0) | エギング
この記事へのコメント
一夜干し、おいしそうですね。
日本酒で・・・・私も大好きです。(笑)
Posted by きむら at 2007年10月28日 22:28
干物は、この季節の気温で直射日光に当てると、表面が一気に乾いて、中身がゆであがったように痛むことがあります。(イカサカナ問わず)
日中ならば陰干しで生干しっぽくするのがオススメです。
ちなみに、今朝釣ったやつは10:00am〜6:00pmまで日陰のベランダで干されていましたが、乾燥しすぎでえんぺらがかきんかきんになってしまいました。湿度にもよりますが、日中ならば3、4時間が適当ではないかな〜〜と思います。
Posted by カマス屋 at 2007年10月28日 22:49
きむらさん、どうも
えへへっ、いろんな味を満喫しました。アオリイカって美味しいですね。みんなが必死で狙うのも判ります。
普段釣りに行くと嫌な顔をする嫁が「イカだったら釣ってこい」と容認発言をするほどです。最も「ボ」のときのプレッシャーはきつそうですが...(笑)

カマス屋さん、そうなんです。
エンペラは乾燥し過ぎてペラペラのセンベイのようになりました。胴体も少し乾燥気味。やはり日陰で乾燥させたほうが良いようです。でもゲソは丁度の乾き具合で凄く美味しかったです。面倒ですが、部位によって干す時間を変えると良いかもしれませんね。
Posted by ふりーすとん at 2007年10月29日 17:59
PETの筒に醤油と酒を入れてイカの沖漬け(防波堤漬け)もよろしそうですね。考えるだけでよだれが出てきます。
Posted by ならおう at 2007年10月29日 19:37
おおっ、アオリイカの防波堤漬けですか! 考えただけでよだれですね。そういえばカマス屋さんが週末に防波堤漬けされてました。次は防波堤漬けですね。というか次回も釣れたらの話ですけど...
Posted by ふりーすとん at 2007年10月29日 20:56
うわーたくさん釣れたんですね〜(羨)
しかも、さすが「ふ」さんだけあって美味しく食されていますね(^^)
アタシはまだ甲烏賊しか釣ったことが無いんで、焦りますね〜。。
早よ腕治して釣りに行きたい!!
Posted by まちゃ at 2007年10月29日 23:28
まちゃさんこんばんは
台風の不安定な天候が呼んだ奇跡ですね。普段混みあう超人気ポイントが土曜の朝貸切状態でした。和歌山はエギング激戦区ですから次回はこうは行かないと思います。
まちゃさんも腕が治ったら楽しんでください。

「ふ」は食べることがエギングの動機ですから気合が入ってます(笑)
アオリイカってほんとうに美味しいです。
既に次回どう食べるか考えているところです。これって「捕らぬたぬきの皮算用」ならぬ「捕らぬアオリイカの調理計画」でしょうか(笑)
Posted by ふりーすとん at 2007年10月29日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6276967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック