2007年10月10日

エギング入門(苦行編)

前日晩酌のピッチを上げて計画通り?早めに酔いつぶれ、朝3時に起床。
小雨のぱらつく阪和道を和歌山方面に向かいます。
今回エギングに初挑戦。フライとエギを交互に投げようと、
前回ヒラメを釣って良い思いをした煙樹ヶ浜に向かいます。

b126.jpg

到着して早速タックルをセットしたのですが、釣り人が誰もいません
普段は暗いうちから何人もの釣り人がいるのにおかしいです。
浜に下りて理由が判りました。凄い波です。
浪打際からフルラインを投げてやっと白波の向こう側に届く位です。
これでは釣りにならないので早々に場所変更します。

普段なら南下しながら河口や港を探っていくのですが、
今回はエギングがメインですので、海岸沿いを由良方面に
上りながら途中の漁港を攻めることにしました。
丁度前線が通っているのか激しい風と横殴りの雨が辛いです。
カッパを着ても水浸しになります。でも我慢してエギを投げます。
数回投げるとガシャンと大きな音がしました。
絡まったPEラインがロッドガイドを通過するときの音です。
苦労して解いてキャストするとまた絡みました。
昔ルアーをやっていたころスピニングリールは常にラインを
タイトに保たないとキャスティング時に糸が絡み易いことを思い出し、
キャスト後着水寸前に人差し指をスプールに添えて糸の出
をストップして緩まないように慎重に巻き取ります。
それでもガシャン
糸のすべりを良くしようとPEにも使える
フライラインドレッシングをスプレーしました。
やっぱりガシャン
固く絡んだラインを解くのが面倒になり絡んだ場所から切り捨てます。
直ぐにガシャン
もうモノフィラメントリーダーをSFノットで取り付ける余裕もありません。
エギとPEライン直結です。
釣り始めて短い時間に50m近くのPEラインがなくなりました。

それでもまともに投げられたときはエギの動きに集中しようとします。
教本通り、糸ふけで着底を見つけようとしますがちっとも変化しません。
PEラインが強風にあおられ弧を描いているせいでしょうか。
1分ほど待ってもう大丈夫だろうとシャクると直ぐに浮いてきます。
エギって頭に大きな錘が付いているのでもう少し早く沈む
と思っていたのですが、エギングセットに付いていた3号エギは
沈む速さがインターミディエイトのフライラインより遅いです。
いくらなんでもおかしいと他の店で買った予備の2号に替えたら
普通に沈んでちゃんと底が取れました。
エギが軽すぎる? サーフェース用に作ったエギなんでしょうか?
判らないことだらけです。

b127.jpg
あちこちに墨跡があります。イカはいたんですね。

PEラインのもつれを直してはキャスト、リトリーブを繰り返します。
初心者に困難は付き物。初めてフライに挑戦した頃もこんな感じでした。

ビュンとキャスト、シシュルルル、ガシャン、ガシャン
一回のキャストで2回も絡みました。
ありえない! この時点でキレました。
堪忍袋の緒(PE製?)がブチブチ切れる音が聞こえるようです(怒)

絡まったPEラインをぶち切ってゴミ箱に叩き込み、釣りを中止して帰宅です。岸和田SAで水茄子とコロッケを買い早めに帰ってやけ酒でも飲みましょう。
初挑戦はアオリイカどころではありません。PEラインとの戦いでした。
ってこのライン本当にPEなの?

投げ方が悪い? 巻き方が悪い?
ラインが悪い? リールが悪い? 

とりあえず違うPEラインを買ってきて巻き直してみます。
それでだめなら絡みにくいモノフィラメントにしましょう。
当たりを取り易い/難いの問題よりも、まずイカのいるところまで
エギを運ぶ手段のほうが重要です。

b128.jpg

フライの釣果もゼロ 「二兎を追うものは一兎を得ず」ですね。
4980円のエギングセットは「安物買いの銭失い」でしょうか?

まあ今回はエギングのロケーション調査が主な目的です(苦しい言い訳)。
次回に期待しましょ。それまでにタックルをなんとかしなくては。
posted by ふりーすとん at 00:10| Comment(12) | TrackBack(0) | エギング

2007年10月03日

エギング入門

b121.jpg

以前からエギングをやってみたかったのですが、
なかなかきっかけがつかめませんでした。
昨日カマス屋さんのブログの美味しそうなイカの画像を
見て決意し、早速会社の帰りに買ってきました。

8フィートのロッドに、PEラインを巻いたリールと3本のエギ
が付いて4980円。釣具屋で見つけた一番安いセットです(笑)。
ロッドはブランクがTFOのプロフェッショナルシリーズのような
マットブラックで良い感じ、リールも強度の心配はありますが、回転は滑らかです。
週末はこのセットを持って和歌山方面に出かける予定です。
さて、イカは捕れるでしょうか?
posted by ふりーすとん at 20:34| Comment(6) | TrackBack(0) | エギング